瀬戸内NEWS

2019年8月16日

オーストラリア語学研修10日目

本日、ヒルズ学園はパジャマデー(Pajama Day)です。

生徒たちがパジャマで登校し、先生方の中にもパジャマで出勤されている方がいました。

学校によってイベントの中身は様々なようですが、ヒルズ学園では、貧困に苦しんでいる人達のために募金活動を行い、その後、低学年の生徒が夜に集まりダンスパーティーを行います。

瀬戸内生もバディーと一緒に設営の手伝いを行いました。

 

 

今日はカフェテリアでバディーと一緒にバーベキューをして、その後、修了式を行いました。

上の写真はヒルズ学園のカフェテリアです。

昼時にはいつも混んでいます。

その脇で、ヒルズ学園の職員の方が、ハンバーグ、ソーセージ、チキンを焼いてくれ、自分でハンバーガーを作っていきます。

出来たハンバーガーはビッグサイズです。

これらに付け合わせとして、大きなソーセージとチキンが付きます。とても量が多いです。

バディーと一緒にカフェのテラスで食べました。

とても美味しかったです。

 

ヒルズ学園の二週間の留学プログラムをすべて終了したという事で、ニューベリー先生と三輪先生がその証書を渡してくれました。

奥で立って話をされているのがニューベリー先生(左)、三輪先生(右)です。

以下の写真は、瀬戸内生とそのバディーです。一緒に記念写真を撮りました。

ニューベリー先生と、瀬戸内生、バディーの集合写真です。

二週間の間、大変お世話になりました。

 

本日、ホームステイ先で宿泊し、明日、日本に向けて出発します。

2019年8月15日

オーストラリア語学研修9日目

昨日は夕方より雨が少し降りましたが、本日は雲一つない快晴です。

今日は、バディと一緒に現地の授業へ参加します。

それらを映像で発信することはできないため、今回は昨日、瀬戸内生のみで受講した英語の授業とヒルズ学園の校舎内をお届けします。

上の写真はその英語の授業を行った校舎です。

お城のような外観で、ロビーもそれを感じさせるものでした。

入り口のロビーにはグランドピアノと様々な芸術作品、その後ろに続く螺旋階段を上がると教室になります。

 

2階に上がると雰囲気が一変します。

教室の外から撮った写真ですが、ガラス張りになっており中の様子が丸わかりです。2階にある全ての教室はこのような造りになっており、非常に開放感があります。

また、オーストラリアでは、教科ごとに生徒が教室を移動するシステムで行われており、今回指導してくださったMrs Whaley先生の授業を受けるにはこの教室に移動します。

以下は授業の様子です。

一生懸命問題を解いてます。

オーストラリアで話されている英語には、オーストラリア独特の特徴、すなわちオーストラリア英語(Australian English)があります。オージーイングリッシュともいいます。

そのため一部の単語について、辞書に載っていない単語もあり、苦戦していました。

その都度、先生に尋ねて解説をしてもらいます。

もちろん解説は英語です。

最後に、問題の解答をそれぞれ発表します。また、なぜ、そのような解答になったか意見が求められ、それを英語で説明をします。

オーストラリアでは意見を求められる問題が多く出題されます。

日本人の留学生は、そういったところに難しさを感じたりするのですが、頑張って説明していました。

生徒にとって良い経験となったと思います。

 

以下は本日のモーニングティーでの様子です。

この時間は現地の生徒も楽しみにしているようで、芝生やベンチの上に様々な食べ物を広げて楽しく食べています。

 

明日はヒルズ学園に通う最終日です。

少しでも多くの経験をしてくれればと思います。

2019年8月14日

オーストラリア語学研修8日目

昨日に引き続き、ブリスベンは曇りです。

写真は本日ゴルフレッスンを行う練習場です。

ヒルズ学園には、園敷地内にPGA公認の18ホールチャンピオンコースのゴルフ場があり、南半球で最も長いコースがキャッチフレーズの全長7551ヤード、コースレート77のモンスターコースとなっています。

(ヒルズ学園ホームページ http://www.hills.qld.edu.au)

真ん中が校舎で、本日は地図上で校舎の上方向にあるPractice Rangeで指導をして頂きます。

 

ゴルフレッスン2回目という事で、まずは前回のおさらいからです。

ラグビーボールを用いて、スイングのフォームを作っていきます。

5D447DF7-7573-48E7-8640-0A6EBDD00E9D

 

次にテニスボールを用いて練習しました。

 

最後に、実際のゴルフボールを用いて練習です。

これまで、習ったことを思い出しながら、広大なゴルフ場で打ちます。

最初に比べて見違えるようにフォームが綺麗になっており、生徒自身も自分で打ったボールが遠くに飛んでいくことに驚いていました。

 

最初は英語でコミュケーションを取ることが難しかったようですが、かなり自然と出来るようになってきています。

最終日まで後わずかですが、バディを含め、まだ話したことのない人達ともしっかりとコミュニケーションをとってもらいたいと思います。

2019年8月13日

オーストラリア語学研修7日目

今日は珍しく雲が出ていました。

ブリスベンに来て初めてみた雲です。

普段より少し肌寒く感じます。

 

今日は、本校生徒一人一人にヒルズ学園の生徒がバディーとして付き、一緒に現地の授業に参加をしました。

当然ながら現地の授業は全て英語で行われます。授業を理解するのは大変ですが、頑張って参加していました。

 

オーストラリアには「モーニングティー」といって、朝食と昼食の間、午前10時位に小さな食事を取る習慣があります。

学校でもそれは行われており、ヒルズ学園では10時半になると生徒が教室から出てきてオヤツを食べます。

本校の生徒もホストファミリーからモーニングティー用のお菓子やフルーツを貰っており、みんなと一緒に食べています。

ヒルズ学園には売店があり、そこでチキンやフライドポテト、カップラーメン等を買って食べている生徒もいました。

日本にはない習慣ですね。

 

明日は、2回目のゴルフレッスン、そして、英語の授業を受けます。

2019年8月12日

オーストラリア語学研修6日目

ヒルズ学園三連休の最終日です。

今日もブリスベンは快晴です。

瀬戸内生全員で観光に出かけました。

この写真はクーサ山(Mount Coot-tha)の頂上で撮りました。

現地でガイドをしてくれている三輪さんから、街の象徴であるブリスベン川やブリスベンシティーの歴史を教わりながら、まちを眺めました。

クーサ山は、標高287メートルしかありませんが、周りに山がないためブリスベンシティーが一望できます。

皆、そのスケールに感動していました。

 

次に向かったのはクイーンズランドミュージアム(Queensland Museum)です。

太古の生物から、今現在の生物の展示が行われていました。

プロジェクターで様々な演出もされており、見応え十分な施設でした。

その場にいた子供連れの家族と仲良くなり一緒に遊んでいます。

 

最後にブリスベンシティーの中心と言われるクイーンストリートモール(Queen Street Mall)に向かいました。

クイーンズランドミュージアムから、ブリスベン川の橋を渡り向かいます。

道中、歴史的建築物や大規模な洪水による災害の事など、ブリスベンの歴史について学びながら進みました。

 

この後、沢山の買い物をして帰路に就きました。

 

明日は、ヒルズ学園の生徒から本校生徒一人一人にバディが付き、ヒルズ学園の授業に参加します。

2019年8月11日

オーストラリア語学研修5日目

本日もヒルズ学園はお休みです。

ブリスベンは今日も快晴(雲一つ無し)でした。

写真は、ヒルズ学園の校舎の一部です。造りがお城のようですね。

 

今日は、瀬戸内生揃ってのイベントはなく、各ホームステイ先でホストファミリーと過ごしてもらいました。

 

ホストファミリーのお子さんと遊んでいます。楽しそうです。

 

コアラを見に連れて行ってくれました。

 

2家庭のホストファミリーが合同でイチゴ狩りに連れて行ってくれました。もちろんこの後、イチゴは美味しく頂きました。

 

ブリスベンで行われているエッカ(EKKA)というお祭りに連れて行ってもらいました。

規模が日本とは次元が違います。

すごく良い経験になりました。

 

明日はヒルズ学園三連休の最終日です。

瀬戸内生全員でブリスベンシティーに行きます。

2019年8月10日

オーストラリア語学研修4日目

今日もブリスベンは雲ひとつない快晴でした。

本日から三日間、ヒルズ学園はお休みです。

今日はイベントとして、全員でGold CoastのSurfers Paradiseに行き、その後、Harbour Townで買い物をしました。

季節としては冬ですが、今日は温暖な気候で泳いでいる人も多く見かけました。

さすが、オーストラリア最大の観光保養地。日本では見ることが出来ない規模のビーチや施設に感動しました。

 スクールライフ